fc2ブログ

私のモノガタリ・エピローグ

令和元年に70歳になり、私の人生という物語の最終章を迎えました。ここからどんな物語を書き加えていけるのか・・私の日々の記録です

Top Page › 日記 › 心に残った言葉の備忘録
2021-09-25 (Sat) 17:20

心に残った言葉の備忘録

心に残った言葉:自分を信じる

NHKの今放映中の朝ドラ
「おかえりモネ」の中で
菅波先生を演じていらっしゃる
坂口健太郎さんが、
今朝の「あさいち」で、
ドラマのこととか、ご自身のこととかを
語っていらした、その最後の方で

「自分は割とポジティブな方で、ネガティブな発想ってないんです。
子供の頃、父親から『いつも自分を信じて・・云々』
と言われていたからかなあ。」

とご自身のことを分析されていて、
それが、とても、心に残りました。

そう、おっしゃったお父様も、
それをしっかり受け止めていた坂口さんも
素敵だなって。

私にもそういうアドバイスを下さった人はいるけれど
今だもって自分を完全には信じ切れていない私です。
自然に身につくほどに落とし込めていないという感じです。 

私も今からでも、自分にもそう言い続けたいし
関わっている若い人たちにも
伝えられたら素敵だなと思いました。
関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2021-09-25

Comment







管理者にだけ表示を許可